中国株でプチリッチ生活はじまる>日本株という選択


このサイトでは、主に中国株について書かれていますが、投資対象として日本株では
いけないのでしょうか?


結論から言えば、どこの国の株式であろうとかまわないのです。


例えば、テンプルトン財団の創始者であるジョン・テンプルトンはアメリカ生まれですが、PER1ケタ台のイトーヨーカ堂などの日本株を買いまくって大きな資産を築きました。


テンプルトンは世界中の経済を考えて、比較することが大切だといっています。そのためにも、日本、アメリカ、ヨーロッパや中国の企業のことを研究することが必要なのです。


ということで、今回は日本株投資
について考えて生きます。まだ、株式投資をしたことのない人でもわかるように説明していきますから、ぜひこれを機会に投資を始めてみてください。



それに、もしかしたらあなたは「日本の株すら買ったことがないのに中国の株なんて買えない」と考えているかもしれません。あるいは、「中国株はやってみて勝手がわかってきたけど、そろそろ日本株にも挑戦したい」と思っている人もいると思います。




まだ、株式投資をしたことのないあなた、是非、身近な日本株からチャレンジしてみてください。日本の企業はあなたにとって身近な存在なわけですから、とっつきやすいはずです。


もし、あなたがドコモの携帯を使っていて気に入っているのならNTTドコモの株を買ってみる。あなたが、ツタヤがすきならカルチュア・コンビニエンス・クラブの株を買ってみればいいのです。


そんな単純な理由でいいのかーと反論が帰ってきそうですがそれでいいのです。
ちなみに、私はドンキホーテで買い物をするのが好きなので株を持っています(笑)


初めは失敗するかもしれませんが、その失敗の理由を考えながら修正していけばいいのです。わたしも多くの失敗を経験しながら少しずつ勝つ確率の高い投資法になってきていると思います。




まず、初めの第一歩を踏み出すことが重要なのです。もちろん、初めは数万円から十万円程度で買える株からはじめれば、失敗しても数万円程度のマイナスですみますから(笑)


逆に、数万円で買った株が何倍にもなってウハウハ状態になることも十分にありえます。

10万円以下だったみずほ銀行の株が半年ほどで50万円ほどになりました
ユニクロを展開するファーストリテイリングは半年で2倍になりました


ほかにもこういった例はたくさんあります。このように株式には貯金にはない大きな魅力があるのです。どうですか?興味沸いてきましたか?


ここまで読んで投資に興味を持てたあなたへ

おめでとうございます。あなたは豊かで充実した人生を送るための第一歩を踏み出しました。
あなたもご存知のように日本の財政赤字は膨らみ続け、年金も今後どうなるかわかりません。


つまり、今後は国に頼るだけではなく、自分で資産を築き上げていかなくてはならないのです。
ここで、少しシュミレーションをしてみましょう。


条件は以下の通りです
年齢30歳  年収手取り600万円  年間貯蓄額200万円  現在の現金資産500万円

Aさん 運用利回り10%  Bさん 運用利回り1%

二人とも運用利回り以外は同じです。複利で運用したとき60歳時の二人の資産はどうなるでしょうか?



グラフで見ればわかると思いますが、二人の60歳時の資産には大きな差があります。
Aさんは4億円以上の資産を築いているのに対しBさんは7600万円しかありません。


これが、貯金で運用するBさんとかしこく株式投資をするあなたとの違いです。


これは家の購入などは考慮していませんが、もしBさんが3000万円程度の家を買ったのなら間違いなく老後はわびしい生活になります。そして、残念ながらこのことに気づいていない多くの人はBさんと同じ道をおくる危険性があるのです。


もう、あなたはわかっていますよね。銀行の1%以下の預金やまやかしの個人向け国債ばかり買っていてはいけないのです。



それらの商品は「今の」安全性は高いかもしれませんが、「老後の」あなたのためには役にたたないのです。


ということで、ここまでは株式投資の重要性について述べてきましたが、もちろんいいことばかりではありません。投資はいいことばかりだと、あなたに言い寄ってくるのは「詐欺師」だけです(笑)


株式は銀行預金や郵貯のように「元本保証」ではありません。つまり、10万円で買ったものが、5万円や下手をすれば0円になる可能性もあるのです。


どんなプロでも世界第2位の資産家ウォーレン・バフェットでもすべての投資で勝つことはできません。しかし、負ける確率を減らしていくことで確実に運用利回りは上がっていくのです。


その方法を知りたいですよね?


それでは、ここまで、私のへたくそな文章を我慢して読んでくれたあなたにその秘訣を紹介しましょう(笑)


・余裕資金しか使ってはならない

来月必要なお金や来年つかう予定のあるお金で投資してはいけません。もし、こうしたお金を使ってマイナスを出すとそのマイナス分を取り戻そうと勝負に出て大やけどをします(笑)


・自分の判断で投資する

投資に関する書籍や雑誌、証券会社の情報を信じてはいけません。得することもありますが、
トータルでは負けますし、自分の投資力が伸びません。


・勉強する

じつはリスクというものはあなたの無知が原因なのです。セミナーや本を読み、勉強した人だけが投資では勝ち組になりうるのです。(オススメの本はこちらから


簡単なことですが、これだけのことをやればあなたの投資成績はかなり上がると思います。
難しく考えないで気軽に楽しみながらやっていきましょう。


それでは、最後に日本株への投資をしようと考えているあなたに証券会社一覧を載せておきます。多くの会社は口座開設は無料なので気軽に開設できます。実際に口座を開設してどれだけ少額でもいいので株を買ってみてください。わくわくした日々を送れると思いますよ!
☆あなたが幸せなAさんになれることを祈ります☆


オススメ 指値約定(50万円の場合) 口座管理料
イートレード証券 ★★★★★ 735円 無料
ネットトレードで圧倒的強さを誇るイートレード証券。米国株からワラントまであなたにあった投資ができるでしょう!実は私もイートレード使ってます☆
ライブドア証券 ★★★★☆ 1050円 無料
あのライブドアが証券業界に参入。まだ実力は未知数ですが今後に期待です。
10月末まで売買手数料無料キャンペーン実施中!
オリックス証券 ★★★☆☆ 1470円 無料
現物売買に関しては手数料が割高になるのであまりいいとは思いませんが、もし信用取引をしようと考えているのなら、ここで決まりです!9月末までキャンペーン実施中♪
内藤証券 ★★★☆☆ 525円 無料
中国株でお世話になっている内藤さんですが、手数料をとにかく安くしたいという人には絶対オススメです。中国株もできますし…(ついでかいっ!)←中国株サイトの管理人のツッコミ
エイチ・エス証券 ★★★☆☆ 840円 無料
こちらも短期売買でガンガン儲けたい人にはオススメです。ただ、初心者にはどうかな…
という感じです(笑)
目的別カテゴリ

コンテンツ一覧


財務諸表ライブラリー
中国株に注目するわけ
中国の株式市場
上場基準とディスクロージャー
中国株の達人に学ぶ
中国株が買える証券会社
中国株の盲点
石油業界地図
電力業界地図
高速業界地図
海運業界地図
自動車業界地図
金融業界地図
鉄鋼業界地図
通信業界地図


分野別リンク集

投資顧問・セミナー
外為FX・先物
不動産(投資・購入・引越し)
年会費無料のクレジットカード
ETC機能つきクレジットカード
スタイリッシュクレジットカード
自動車保険
生命保険
自己啓発・資格取得
オンラインPCショップ
オンライン書店




中国株でプチリッチ生活はじまる>日本株という選択




Copyright(C) 2004 hiro ALL Rights Reserved
掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。当サイトの情報は情報提供を目的としたものであり特定の投資を勧めるものではありません。また、掲載内容には注意を払っておりますが、人為的、技術的ミスも考えられますのでご了承ください。投資判断はご自分でなさるようお願いいたします当サイトはリンクフリーです。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO