中国株でプチリッチ生活はじまる>高速


国際イベントに向けて必要となるインフラの整備


2008年の北京オリンピック、2010年の上海万博に向けて高速や電力などのインフラの整備が不可欠となります。これは東京オリンピック、大阪万博にむけて高速道路や新幹線などのインフラが整備されたことを考えるとわかりやすいでしょう。


経済発展にはかかせない交通網


WTOに加盟し今後も貿易量が増加すると考えられる中、物流の効率化というものが必要になってきます。政府による中国全土全長8.5万kmの高速道路網計画もあり、重点的に開発が行われていくでしょう。ちなみに日本の高速道路の全長は2003年3月末現在で7187kmですから規模の大きさには驚かされます。





でも、乗用車が増えるんだったら自動車メーカーの株のほうがいいんじゃない?


たしかに、今後もすさまじい勢いで乗用車台数は増えていくでしょう。そういう意味では高速道路よりも乗用車メーカーの方が成長余地は大きいと思います。


しかし、パイが広がっていく中で間違いなく競争は激しくなっていき、価格競争で利益率が低下することは想像に難くありません。そのなかで、最終的な勝ち組に投資することは難しいのではないでしょうか。


一方、高速道路はそれほど競争は激しくないので、走る車の増加とともに通行料収入は増えると考えられています。だって、いくら儲かるのがわかっていても、東名や名神の代わりになる道路をつくろうとは思いませんよね(笑)



リスクはないの?

一般的に上記の理由により高速道路銘柄のリスクは低く、安全だと言われていますが、以下の点には注意しなければなりません。


富裕層から一般の人々にまでモータリゼーションが広まって行く過程で、中長期的な拡張や補強が必要になります。規模が大きいだけにその費用が高くなると一時的に収益が悪化する可能性があります。


有力銘柄

やはり、高速道路で重要なのは、交通量の多い有料道路をどれだけ持っているかです。
以下に、有力な高速道路目柄を紹介します。

江蘇高速道路 香港0177
上海ー南京間の高速道路と江蘇省内の関連高速道路への投資、管理、運営を行っている。2002年には中国の上場企業トップ100の第11位にランクインした。

浙江高速道路 香港0576
総延長248kmの滬杭甬高速道路を主軸に傘下企業を通じたサービスエリアの運営、ガソリンスタンド経営、広告事業など収入源の多角化がすすむ。

安徽高速道路 香港0995
合寧高速道路など安徽省内の有料道路の運営、管理、開発を主軸とする。運営管理システムに強みをもち、買収を通じての事業拡大にも積極的。

広東省高速道路 シンセン200429
広東省で有料高速道路と大型橋梁の管理運営を手がける。未竣工の高速道路もあり現時点では投資回収率の低いことが気がかり。

参考資料:
一目でわかる中国有力企業と業界地図
業界地図と最新ニュースでわかる儲かる中国株厳選71銘柄
東洋証券資料
目的別カテゴリ

コンテンツ一覧


財務諸表ライブラリー
中国株に注目するわけ
中国の株式市場
上場基準とディスクロージャー
中国株の達人に学ぶ
中国株が買える証券会社
中国株の盲点
石油業界地図

電力業界地図
■高速業界地図
海運業界地図
自動車業界地図
金融業界地図
鉄鋼業界地図

通信業界地図


分野別リンク集

投資顧問・セミナー
外為FX・先物
不動産(投資・購入・引越し)
年会費無料のクレジットカード
ETC機能つきクレジットカード
スタイリッシュクレジットカード
自動車保険
生命保険
自己啓発・資格取得
オンラインPCショップ
オンライン書店




中国株でプチリッチ生活はじまる>高速



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO