中国株でプチリッチ生活はじまる>鉄鋼


生産量世界1位



1996年に中国の鉄鋼生産量は初めて1億トン台を超え日本を抜いて世界第1位の
座を獲得しました。


その後も、インフラの整備や自動車産業などに必要不可欠な鉄鋼工業は大きく成長し、
現在では年間成長率が20%に達する勢いになっています。


鋼材価格の値下がりと引き締め政策



2003年は素材価格の上昇とともに絶好調だった中国の鉄鋼業界も、鋼材価格の下落と
当局による投資抑制対象になり、主要銘柄の株価は軒並み下落しています。


私個人の意見としては2004年ー2005年にかけて、鉄鋼業界には厳しい時期になるように思います。

それは、2003年が鉄鋼業に関してはバブルだったのではないかと感じているからです。
その反動として、成長にブレーキがかかっているのではないでしょうか。


しかし、株価が下がっているからこそ今こそチャンスだとおもいます。


その理由は単純で…

1、中国にとって鉄鋼業は欠かせない産業なので政府がいじめつづけることは考えにくい
2、地方の弱小メーカーの淘汰がすすみ、大手の寡占状態になる


はじめに書いたように、インフラの整備が急務である中国にとって鉄鋼業というのは欠かせない
産業です。その大切な産業全てを政府がつぶしにかかることは考えにくいことです。


現在は投資の過熱を抑える為に、中国政府は厳しい対応をしていますが、
それは一時的なものであり、長期的には鉄鋼業育成の為の政策を打ち出してくるでしょう。


また、厳しい時期に耐えられるだけの体力を持った企業であれば、厳しい競争の後の寡占状態のなかで残存者利益を得ることができるでしょう。


有望企業


現在の中国鉄鋼業界は宝山鋼鉄、北京首鋼、馬鞍山鋼鉄、鞍鋼新軋鋼、唐山鋼鉄のBIG5体制に
なっていますので、そういったところに投資するのがいいのではないでしょうか。

鞍鋼新軋鋼 香港0347
中国の鉄鋼メーカーの中では質の高い鋼材を生産していて、自動車、造船、鉄道建設、橋梁などに幅広く使われている。鉄鋼業情報サービス会社が発表した世界の優良鉄鋼グループで第9位にランクインされた。
馬鞍山鋼鉄 香港0323
鉄鋼材料の輸出量で中国第2位の大手鉄鋼企業。他の鉄鋼メーカーにさきがけ1993年に上場した。2003年の純利益は前年比6.8倍と大きく伸びた。
重慶鋼鉄 香港1053
中厚鋼板メーカーとしては中国最大級。国家プロジェクト「西部大開発」で恩恵を受けるであろう重慶市を拠点とする。その品質は高く、多くの表彰を受賞している。
本鋼板材 シンセン200761
1905年設立の本鋼集団公司を前身とする企業。オートメーション化など先端技術の導入を積極的に行っており、生産能力、品質ともに世界水準といわれる。
目的別カテゴリ

コンテンツ一覧


財務諸表ライブラリー
中国株に注目するわけ
中国の株式市場
上場基準とディスクロージャー
中国株の達人に学ぶ
中国株が買える証券会社
中国株の盲点
石油業界地図

電力業界地図
高速業界地図
海運業界地図
自動車業界地図
金融業界地図
■鉄鋼業界地図

通信業界地図


分野別リンク集

投資顧問・セミナー
外為FX・先物
不動産(投資・購入・引越し)
年会費無料のクレジットカード
ETC機能つきクレジットカード
スタイリッシュクレジットカード
自動車保険
生命保険
自己啓発・資格取得
オンラインPCショップ
オンライン書店




中国株でプチリッチ生活はじまる>鉄鋼

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO