中国株でプチリッチ生活はじまる>石油


業界再編を経て大手3社体制へ

1998年まで中国エネルギー業界は原油生産を行う上流部門と精製・石油化学を担う下流部門に分かれていて、上流部門は中国石油天然気総公司(CNPC)、中国海洋石油総公司(CNOOC)、中国新星石油公司(CNSPC)、下流部門は中国石油石化工総公司(SINOPEC)のほぼ独占状態でした。

しかし、1998年に再編され中国石油天然気総公司、中国海洋石油総公司、中国石油石化工総公司のビッグ3体制になりました。この再編により上流・下流の区別はなくなり、地域ごとに業務を行うようになりました。

再編前
上流部門
中国石油天然気総公司
中国海洋石油総公司
中国新星石油公司

下流部門
中国石油石化工総公司

再編後
中国石油天然気総公司
東北、華北、華西地区の石油化学設備旧SINOPECから譲り受ける
中国海洋石油総公司
海洋の石油工程に従事
中国石油石化工総公司
勝利油田などを旧CNPCから譲り受ける


石炭・石油から天然ガスへ

中国ではいまだエネルギー源の7割を石炭に依存していますが、1996年をピークにその割合は減少しつつあります。

一方、石油の生産量は増加していますが、著しい経済発展により1993年には純輸入国になり、最近は中国の旺盛な需要により原油価格が高騰しているとさえ言われています。

そういった中で、石油に変わるクリーンな代替エネルギーとして注目されているのが天然ガスです。時間はかかるかもしれませんが、環境規制が厳しい沿岸地域を中心に石油・石炭から天然ガスへシフトしていくでしょう。




国家プロジェクト「西気東輸」

西気東輸というのは、簡単に言ってしまえば西のガスを東に送りましょうということです。

具体的には、新疆のタリム盆地に埋蔵されている天然ガスを上海まで続くパイプラインを
つくって運ぶというものです。
「西気東輸」プロジェクトの概要
建設予定のガスパイプラインは新疆タリム盆地から上海へと続く総延長4000kmで2005年に全線開通の予定です。
タリム盆地周辺の、天然ガス埋蔵量は現在確認されているだけで5267億立方メートルで、採掘可能量は3725立方メートル、年間供給量を120億立方メートルとすると、30年間、安定供給が可能。
予定総投資額は1400億元(約2兆2400億円)にのぼります。

このプロジェクトに関しては、中国石油天然気が権益の50%を確保しています。



注目の銘柄は?

中国石油天然気 香港0857
ニューヨーク市場にも上場する中国の石油最大手。昨年、アメリカの投資家ウォーレン・バフェット氏が投資したことでも話題をよんだ。このたび、海洋石油の開発にも乗り出すことを表明した。
中国石油化工 香港0386
中国石油最大手の一つ。北京燕化石油(香港0325)など香港上場5社に出資している。2004年9月の上海F1では冠イベント権を獲得している。香港、ニューヨーク、ロンドン、上海の4市場に上場している。
中国海洋石油 香港0883
2001年に中国海洋石油総公司の子会社として香港とニューヨークに上場した。渤海湾、南シナ海西部、同東部、東シナ海など4つの海域で事業を展開し、オーストラリアやインドネシアへの進出も盛ん。

参考資料:
一目でわかる中国有力企業と業界地図
業界地図と最新ニュースでわかる儲かる中国株厳選71銘柄
東洋証券資料
目的別カテゴリ

コンテンツ一覧


財務諸表ライブラリー
中国株に注目するわけ
中国の株式市場
上場基準とディスクロージャー
中国株の達人に学ぶ
中国株が買える証券会社
中国株の盲点
■石油業界地図

電力業界地図
高速業界地図
海運業界地図
自動車業界地図
金融業界地図
鉄鋼業界地図

通信業界地図


分野別リンク集

投資顧問・セミナー
外為FX・先物
不動産(投資・購入・引越し)
年会費無料のクレジットカード
ETC機能つきクレジットカード
スタイリッシュクレジットカード
自動車保険
生命保険
自己啓発・資格取得
オンラインPCショップ
オンライン書店




中国株でプチリッチ生活はじまる>石油



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO